京都人のSFC・JGC修行備忘録

飛行場が近くになく飛行機と縁遠い京都人が、家族に内緒でSFC修行にチャレンジした、またJGC修行にチャレンジしようとする、汗と涙の結晶を記録します。

修行初日

5/8に申し込んだANAカードがギリギリ12に到着し、13日から修行を始めることができるようになりました。

 

予約したのは、

NH765 伊丹1100-那覇1310

NH766 那覇1400-伊丹1555

のプレミアム株主優待 26,200 FOPは2,247

機材は777-200

シートはこんな感じです。

 

f:id:terumudo:20170825163432p:image

 SFC修行僧デビュー初日

喜び勇んで空港に向かいましたがあいにくの悪天候。

ANA「悪天候のため、那覇行きは1時間から2時間の遅延が見込まれます。」

修行僧「まじ?(18時に家帰らなあかんねんけど)」

冷や汗もので、ビジネスラウンジのお姉さんとこ行きました。

修行僧「悪天候で遅延とありますが、那覇→伊丹便って折り返しですよね?」

ビジネスラウンジのお姉さん「従来はそうですが、機体をやり繰りして出発するケースがあります。」

修行僧「マジっすか!?今日中に伊丹帰りたいんです。(決して怪しい者ではありません。単なる修行僧です)」

お姉さん「3時間後の便に普通席ですが、わずかに空きがありますので押さえておきますね。」

修行僧「お願いします。(仕事できる!)あと、しょうもないことですが、マイルやお金はどうなりますか?(実はここ一番大切(笑))」

お姉さん「お金は差額分返金となります。マイルはもともと搭乗予定のクラスで付けさせていただきます」

修行僧「わかりました。(ふぅ。。。照れ)では、正式なアナウンス待ちます。」

このやり取りの直後に35分の遅延で出発となり、到着予定時間が次の便の出発時間に。
この程度の遅れだとおそらく折り返し便になると見込みましたが、その通りになり、次の便が55分遅れとなりました。

伊丹空港で往復分のチケット発券してもらい、乗り継ぎ扱いにしてもらったので、保安区域内留まったまま復路便に乗り込むことができました。

結局、家に着くのが1時間遅れてやばかったけど、無事に帰れてなにより。

人生で天候等による欠航・遅延は初めてだったので焦りましたが、何とかなって
ホッとしました。

 

てな感じで、デビュー初日はいろいろとありました。