京都人のSFC・JGC修行備忘録

飛行場が近くになく飛行機と縁遠い京都人が、家族に内緒でSFC修行にチャレンジした、またJGC修行にチャレンジしようとする、汗と涙の結晶を記録します。

修行2日目

初日が悪天候で大幅遅延とえらい目にあいましたが、これも修行と思えばなんてことはありません。

なんてったって、ビジネスでもなければ旅行でもない。

極論を言えば時間に縛られていないのは強いですよね。

ただ、自分の場合は家族には内緒にしているので、遅くなりすぎると変な疑いをかけられてしまうんですよ。

 

で、気を取り直して修行二日目。

 

今日の便は

NH767 伊丹1400-那覇1610

NH770 那覇1700-伊丹1855

機材は最新鋭の787になります。

 

今日は14時の便ということもあり、電車バスで移動しましたが、公共交通機関だと空港まで100分ほどかかるのは辛いです。

二日目は15分ほど遅延しましたが、これと言った特筆するべきものはありませんが、787のサンシェードは物理的なものではなく、機械式?というか窓の透過率を下げるといったもので、これは感動しました。

 

2回目の那覇タッチをこなし、2,247×2の4,494をゲットしました。