京都人のSFC・JGC修行備忘録

飛行場が近くになく飛行機と縁遠い京都人が、家族に内緒でSFC修行にチャレンジした、またJGC修行にチャレンジしようとする、汗と涙の結晶を記録します。

2018JGC回数修行 1-2月期離島巡り案(現実編)

2018のJALのチケットの予約が既に始まっています。

国内日帰りJGC回数修行を検討していますが、

なかなか良いプランがありません。

先に11レグの修行プランを提案しましたが、沖止め必至のプロペラ機での20分の乗継はかなり厳しいものがあるように思います。

 

 

で、再度、時刻表をにらめっこして見つけたのが、以下のフライトプラン

 

伊丹715 ー 鹿児島825

鹿児島0855ー喜界島1005

喜界島1035ー奄美大島1055

奄美大島1310ー沖永良部島1350

沖永良部島1420ー与論島1445

与論島1510ー奄美大島1550

奄美大島1615ー喜界島1650

喜界島1700ー鹿児島1810

鹿児島1925ー伊丹2035

 

の9レグになります。

気になるお値段ですが、今ならスーパー先得や先得割引でだいたい平均9,500円程度になります。

 

なほ、伊丹のところを羽田にしても通用するプランといえます。

 

短距離路線はスーパー先得やウルトラ先得(どっちが得かわかりにくいですよね(^^;)が設定されていない路線もありますのでご注意を。

 

結果的に公式のアイランドホッピングツアー並みの値段になりますが、プロペラ機で飛ぶ旅は思い出になること間違いなしだと思っています。

特に、奄美大島と喜界島なんて、直線距離で30キロもない距離なのに飛行機があるのがびっくりします。フライト時間も20分て、もはやバス並みのタイムテーブルです。

 

1-2月は修行僧が客の2-3割占める可能性がありそうですが、離島の路線を支えているということで多めにみてやってください。