京都人のSFC・JGC修行備忘録

飛行場が近くになく飛行機と縁遠い京都人が、家族に内緒でSFC修行にチャレンジした、またJGC修行にチャレンジしようとする、汗と涙の結晶を記録します。

2018JGC回数修行 1-2月離島を楽しむ編

離島を楽しむ2018年1-2月期のJGC回数修行について、朝から晩までの日帰りプランについて考えてみました。

先達が12レグというのを考えてくれていますが、2018年1-2期では微妙なダイヤ改編のため実施することができなくなりました。

そこで、JALのホームページとにらめっこしながら、なるべく同じ島に行かないようなルートを以下のとおり導き出しました。

 

1.伊丹710ー鹿児島825

2.鹿児島900ー屋久島935

3.屋久島1000ー鹿児島1035

4.鹿児島1055ー種子島1135

5.種子島1200ー鹿児島1235

6.鹿児島1330ー喜界島1445

7.喜界島1510ー奄美大島1530

8.奄美大島1600ー徳之島1635

9.徳之島1700ー奄美大島1730

10.奄美大島1755ー鹿児島1905

11. 鹿児島1925ー伊丹2035

 

先達の羽田ベースの12レグには及ばないものの、

疾風怒濤の11レグです♪

1と11を羽田ー鹿児島に置き換えることも可能です。羽田ベースの方ならもっと楽に回れるルートがあるかもしれません。

 

が、しかし乗継時間が20分てのが二回もあるんですよね。

航空券発券ルール上は全く問題ありません。

しかし、飛行機が10分遅延するのは日常茶飯事。しかも勝手のわからない鹿児島空港でかつ沖止めならバスで移動。

これ、かなりの無理ゲーでは無いでしょうか。

 

効率を重視し過ぎて、飛行機に乗り遅れては元も子もありません。

 

なので、もう少し考えなくては。。。