京都人のSFC・JGC修行備忘録

飛行場が近くになく飛行機と縁遠い京都人が、家族に内緒でSFC修行にチャレンジした、またJGC修行にチャレンジしようとする、汗と涙の結晶を記録します。

JALの洗礼を受ける

2017年の今年SFC修行を解脱し、2018年の来年JGC国内回数修行を検討しています。

いきなりJALに乗るとすると、きっとANAとの違いに戸惑う可能性があるにちがいないと思い、来るべき2018年JGC国内回数修行に向け、JALさんの下見をすることにしました。

 

そこで、来週もともと予約していたANAをキャンセルし、片道だけJALに変更することに。

 

ANAは旅割75で予約していたので、キャンセル料55%。

まあ、これは授業料と思い、あきらめることに。。。

搭乗予定が来週なので、ここは株主優待が無難かなと思い、とりあえず席を確保し航空券を購入した上で、ヤフオクかメルカリで株主優待券をゲットしよう。そうすることしました。

 

そこで、JALのホームページから国内線を検索したところ、幸いにも羽田ー新千歳のファーストクラスを株主優待で1席確保することができました。

満を辞して座席を指定し購入しようとしたところ、画面のどこを探しても、「購入」ボタンがないことに気がつきました。

(自分は使い勝手の良いPCサイトをiPhoneで閲覧しています。)

 

詳しく本文を見てみると、どうやら先に株主優待券を登録しないと購入できないようです。

ANASFC修行の大半を株優で乗り切った僕からすると、「まじかーーー!?」でした。

ANAは、予約→購入→株主優待登録という流れも可能なのに、察するに、JALは予約→株主優待登録→購入がマストのようです。

 

今回の例に限らず、これからもJALANAの違いがいろいろと出てくるかと思いますので、気づいたところがあれば、レポートしていきたいと思います。

 

とにかく今は、伊丹ベースの自分からすると今後一生行くことがないであろう羽田のファーストクラスラウンジと、767ながら国内線ファーストクラスが楽しみで仕方ありません。